毎週日曜日の夜9時より放送中の日曜劇場「仰げば尊し」に出演中の金髪姿でイケメンな役柄で問題児の木藤良蓮を演じる真剣佑さんですが大変注目が集まっていますね。

真剣佑さんは「仰げば尊し」の第2話でサックスを演奏している場面があったのですが、そのサックスを演奏している場面がネットやSNSなどでは真剣佑さんが「実際にサックスを演奏しているのか?」と疑問の声が上がっているので真剣佑さんが実際に演奏しているのか調査してみます。

 

 

真剣佑さんのプロフィール

Twitterより出典

本名   前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)

生年月日 1996年11月16日(19歳)

出身地  アメリカ合衆国

身長   176cm

血液型  B型

 

 

真剣佑さんの特技の種類が凄い!!

 

真剣佑さんは幼少期からアメリカに住んでいたので英語が得意なのは自然に身についたものだと思われますが、真剣佑さんの特技を調べてみたところ、かなりの数の特技があります。

まずはスポーツ系では

「水泳」・「乗馬」・「殺陣(たて)」・「空手」・「レスリング」・「体操」・「水球」・「スキー」

次に楽器も得意とされていますがその楽器が

「ピアノ」・「フルート」・「アルト・サックス」

と大変な数の特技がありますね。

特に「乗馬」や「殺陣」などは父である千葉真一さんが教え込んだのでは無いのかと思ってしまいますが、その他の特技は習い事で習得したのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

真剣佑さんは実はサックスか得意だった!!

NAVER より出典

 

真剣佑さんの特技の数は驚いた方も多いと思われますが、上記で紹介した真剣佑さんの特技の中にしっかりと記載されていましたね。

ネットの反応では真剣佑さんのサックス演奏は「エアー演奏」などと言われているようですが、実際きちんと調査をしてみると真剣佑さんは「アルト・サックス」が特技の中に入っているので「仰げば尊し」の第2話でのサックスの演奏シーンは実際に演奏している確率が高いですよね。

 

サックスは大きくなると肺活量が勝負になる楽器ですが、真剣佑さんが「仰げば尊し」の中で演奏していたのは「アルト・サックス」だと思います。

サックスの中では1番活躍できる標準的なサックスで1番奏者が多く、重さもそれほど重いとは感じられないので初心者さんも「アルト・サックス」は手を出しやすい種類と言われています。

 

演奏はリコーダーの指使いに少しにているので真剣佑さんに憧れてこれから「サックス」を始めようと思った人も多いのではと思います。

 

最後に

 

真剣佑さんはスポーツも音楽も万能という驚きの俳優さんでしたね。

今回の「仰げば尊し」第2話でのサックスの演奏は「エアー演奏」と騒がれていましたが、演奏していたのではないかと思います。

真剣佑さんが出演している毎週日曜日の夜9時より放送中の日曜劇場「仰げば尊し」の最終回も近いですので、を見逃さずにチェックしておきたいですね。