TBSテレビより出典

来年2015年1月からTBS系で放送開始される日曜劇場『流星ワゴン』の主題歌がサザンオールスターズの最新曲「イヤな事だらけの世の中で」という曲に決定したそうです。

サザンオールスターズとしてはドラマの主題歌は2004年にシングルで発売された、「愛と欲望の日々」の起用以来の11年ぶりのドラマ主題歌の起用ということで、かなり注目が集まりそうですね。

今回放送されるドラマ「流星ワゴン」はどういったドラマなのかサザンオールスターズが「流星ワゴン」の為に描き下ろした曲はどういった感じなのか紹介していきます。

 

 

流星ワゴンとは?

 

直木賞作家の重松清さんの大ベストセラー小説で2002年度「本の雑誌」年間ベスト1に選ばれていて、 2002年2月8日に単行本が発売され2005年2月15日には文庫版が刊行されています。

この今回ドラマ化される「流星ワゴン」はファンの間では映像化になるのを待ち望んでいた作品で少しSF感があるのですが、会社をリストラされ更に妻に離婚切り出された人生のどん底にいる主人公の会社員がタイムスリップして、昔の家族と再会し再出発を誓う人生の再生や家族の愛を描いた物語です。

今回のドラマでの主演は、西島秀俊さんとと香川照之さんのW主演で他のキャストの俳優さんや女優さんも豪華な顔ぶれとなっていますので紹介しておきます。

役   名 キャスト
永田一雄 西島秀俊
永田忠雄 香川照之
永田美代子 井川 遥
永田智子 市川実和子
永田伸之 髙橋 洋
千賀和哉 入江甚儀
古閑 町田啓太
橋本健太 高木星来
永田広樹 横山幸汰
幼少の一雄 佐藤詩音
幼少の智子 梅垣日向子
若き澄江 渡辺真起子
永田澄江 倍賞美津子
橋本義明 吉岡秀隆

これだけの豪華な俳優さんや女優さんが出演されるドラマなので絶対人気ドラマとなりそうですね。

サザン効果が発揮されるドラマになるかも?

 

サザンオールスターズが、ドラマ主題歌や映画の主題歌・挿入歌などを起用している作品は、高視聴率を記録するらしく、今回もサザン効果があるのではと期待が持たれています。

今回放送されるドラマ「流星ワゴン」でサザンオールスターズの曲が起用されることになったのはフジテレビ系で放送されていた「大奥~第一章~」の主題歌で使用された2004年にリリースされた「愛と欲望の日々」以来11年ぶりとなるそうです。

 

スポンサーリンク

 

サザンオールスターズの曲を起用した理由は?

 

サザンオールスターズの曲がドラマの主題歌にに起用されるのは11年ぶりとの事ですが、この「流星ワゴン」の原作の小説にサザンオールスターズの楽曲が実名で登場するシーンが有り、「流星ワゴン」の制作スタッフはこのドラマの魅力を引き出すアーティストは、サザンオールスターズしかいないとなり、プロデューサーが難しいと思いながらオファーを出したそうです。

その「流星ワゴン」での楽曲オファーをサザンオールスターズに出したところ、小説の中にサザンオールスターズが実名で登場することを知り、サザンオールスターズも快諾して今回のドラマ「流星ワゴン」の為に曲を書き下ろしたそうです。

 

最後に

 

今回放送されるドラマ「流星ワゴン」の主題歌「イヤな事だらけの世の中で」は現在製作中のニューアルバムに収録されるそうですが、現在製作中のアルバムも10年ぶりにリリースするという事で、サザンオールスターズファンもかなり待ちに待ったアルバムになることは間違いなしですね。

「流星ワゴン」の主題歌「イヤな事だらけの世の中で」の曲の感じはミディアムテンポのせつない感じのバラードで、歌謡曲の雰囲気を漂わせながら、聴いてる人の心にしみわたる曲になっていて、このストレス社会で疲れた人たちの悲哀を歌っているそうです。